家づくり豆知識2019年4月15日~土地から注文住宅を建てるなら~住宅用語『基礎パッキン』とは?

『住宅会社選び専門店』おうちの相談窓口・赤澤です。

 

おうちを建てるとき、湿気対策など気にしたことはありますか?

ほとんどの方は対策した方がいいと思っているとは思いますが、具体的にどんな影響が出るのかはご存知ない方が多いと思います。

湿気対策がしっかりとしていないと、新築から数年でカビが生えてしまったりとせっかくのおうちが台無しになってしまいます。

 

そこで、あまり注目されないような床下の換気についてのお話です。

床下の換気というと、従来のものは基礎コンクリートに開口部を設けた換気口・・・つまりみなさんよくご存知の・・・ト〇ロの映画で外から床下に出入りしていた場所・・・。

 これです。

いまではほとんど見かけなくなっているかもしれません。

床下にそういった空気の通せる空間を設けることにより、床のカビや湿気対策のひとつとしていました。

しかし、キャラクター達が住み家にしていたようにやはり虫などが入って出られなくなってしまう・・・

立地条件によっては、水が流れ込みやすく、長年にわたり湿気がたまることも・・・。

それだけが原因とは限りませんが、最後には床が湿気でべこべこになったりします。

 

今回コラムにこのお話を載せさせて頂いたのもお客様によるご相談があってのことでした。

 

ですが、いまは工法にもよりますがコンクリート基礎と土台(木構造)との間に『基礎パッキン』というものを使って空気を通してあげるという工法が一般的になってきています。

 

基礎パッキンによる換気は、従来の床下換気口に比べ1.5~2倍の換気量となり、夏でも床下はドライな空間になるといわれています。

(※室内の換気とは別物の換気になります。)

 

 

メリット・デメリットそれぞれあり、床下換気ひとつでもいろいろな工法があります。

家の基礎、土台などの見えないけれども大事な部分は,安心で安全なものにしたいです。

そのためには、やはり信頼できる住宅会社選びが大事になりますね!

 

↓↓↓↓

無料相談お申込みフォーム
(注)ご連絡には2,3営業日かかる場合があります。それをすぎてもご連絡がない場合は、送信トラブルの可能性がありますので、お電話でご確認ください。