家づくり豆知識2018年11月5日~立川・八王子で戸建てを買うなら~断熱工法について

『住宅会社選び専門店』おうちの相談窓口・小出です。

前回、断熱材についてお話しましたが、今回はその工法について

お話したいと思います。

 

木造住宅の断熱工法は、大きく分けて2つあります。

断熱材を 構造体の外側に施工する「外張断熱」と内側に施工する「充填断熱」です。

 

◇外張断熱

断熱材を柱や梁などの構造躯体の外側に張る工法

☆メリット☆    ・ 断熱材が途切れないので断熱効果が非常に高い

・ 家全体を包むので気密性が高い

・ 柱などの構造体が保護されることになるので痛みにくい

☆デメリット☆   ・厚い断熱材を取り付けることが出来ない

・高気密高断熱になりやすいので換気計画が必要

・費用が高い

 

◇充填断熱

充填断熱とは、柱の間に断熱材を入れる工法

☆メリット☆    ・断熱材を室内側に設置するため、防災・耐水・耐風を気にせず施工できる

・施工が容易

 

☆デメリット☆   ・柱などで断熱材が途切れてしまうので、そこの部分は熱が伝わり易い

・ 隙間ができやすい

・ 結露が生じやすい

 

いかがですか?

どちらにもメリット・デメリットありますが、正しい施工ができるかも重要となりますので

住宅会社選びが大事ですね。

おうちの相談窓口では、信頼と実績の会社様をご紹介いたします。

↓↓↓↓

無料相談お申込みフォーム
(注)ご連絡には2,3営業日かかる場合があります。それをすぎてもご連絡がない場合は、
送信トラブルの可能性がありますので、お電話でご確認ください。