建売住宅と
注文住宅の比較

建売住宅とは

建売住宅建売住宅

既に建てられたものを販売するのが「建売住宅」。既に建っている住宅なので、予算が多くなく、すぐに住みたい方に適しています。分譲住宅についてもほぼ同義となっています。

メリット

  • すぐに入居できる
    物件が決まれば、すぐに新しい生活をスタートできます。
  • 価格を抑えられる
    最初から土地と建物が決まっているので、注文住宅と比較して、一般的に安く購入できます。
  • ローンの相談事項が少ない
    土地代・建物が決められているため、注文住宅と比較すると住宅ローンの計画がスムーズに進みます。

デメリット

  • 何かしらの不満が残ることがある
    間取り、住宅設備などはこちらでは決められないため、妥協しないといけない点も出てくることがあります。
  • 注文住宅には品質が及ばない場合がある
    同じ条件で注文住宅を建てる場合よりも価格が安い分、品質が劣る場合があり、品質チェックも難しいです。

注文住宅とは

注文住宅

自分好みの間取りやデザインを最初から組立てていけるのが「注文住宅」。好きなように設備や建材等を選ぶことができるので、「オーダメイド」な家が建てられます。

メリット

  • 自由度がとても高い
    長く住む家ですので、外観、キッチン、お風呂など、自分好みの家に仕上げることができます。
  • 品質にこだわることができる
    寒さや暖かさ、耐震性など、家族の健康や生活を考えて高品質の住宅を設計することができます。
  • 予算を調整できる
    こだわりの部分、妥協できる部分などを選んで、自分の予算にあった納得のいく家を建てられます。

デメリット

  • 建売住宅よりも高い傾向がある
    オーダーメイドですので、一般的に建売住宅よりは、値段が高めになります。
  • 入居までの期間が長い
    土地を探したり、家を建てる期間があるため、早めに行動する必要があります。

おうちの相談窓口では、
建売住宅・注文住宅どちらの専門会社とも
提携しています。

「建売住宅と注文住宅どっちがいいのか分からない」「どんな地域や、住宅会社がいいのか分からない」そんなあなたのお悩みを中立な立場で専属のアドバイザーが解決いたします!